元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

自衛官の職業病「水虫との闘い」

      2016/05/19

自衛官は基本的には半長靴を履いています。

迷彩服を着る時はセットで半長靴になります。

冬でも夏でもブーツを履いている訳ですから、かなり蒸れます。

ということは水虫が成長するかなり理想的な環境になるということです。



ブーツの中でふやけた足の裏

CIG_TSzUkAAVbhh

これはかなり特殊な足の裏の写真なのですが、私の足です。

雨の日の演習。

時間がなかったので、半長靴を乾かす時間も靴下を履き変える時間もありませんでした。

二日後くらいにだんだんと足の裏が痛くなってきて、どうしたんだろう?

と思って、時間があった事もあり半長靴を脱いで見ると足のうらがふやけまくっていました。

足の裏の溝の部分はかなり痛いです。

そういえば、レンジャーの学生隊舎に行ったときにこのような足の裏の写真を見た覚えがあります。

半長靴は外から水が入らないようにしっかりと作られています。

逆に言うと中からも水が外に出ないようになっているということですね。

これが半長靴を履くと足が蒸れる原因になっています。



隊員浴場=風呂場で流行する水虫

23.4.13 15B:入浴支援(多賀城駅周辺)⑥

別に個人が水虫でも全く問題はないのですが、自衛隊は集団生活の機関です。

隊内では水虫で悩んでいる隊員が多くいます。

よく自衛隊の職業病は水虫なんていう話も聞きますね。

その原因となっているのは隊員浴場です。

入ったことがない人に説明するとまったく普通の銭湯です。

銭湯なので、足ふきマットが置いてあるのですが、毎日大量の水虫菌がそこで育まれています。

水虫菌は感染しますからね。

自衛隊での水虫菌ルーティンは

誰かの水虫菌をマットから採取→蒸れた半長靴の中で水虫菌育成→さらにマットに水虫菌を置いて帰る

これが自衛隊では脈々と受け継がれていきます。

水虫を退治せよ

なんだか足がむずむずする・・・はいっあなたは水虫です。

残念ながら水虫というのは自然に治るようなものではありません。一時的にかゆみがなくなって来たと思ってもそれは治ったわけではなくて、水虫が落ち着いているだけでまた時間がたてばむずむずとかゆみが出てきますよ。

医務室に行けば、水虫の薬がもらえますが周囲に自分が水虫だということがばれてしまいます。

もし、それが嫌なら自分で水虫薬を買って治しましょう。

ぼくも自衛隊時代は水虫になったことがあるので、あの苦しみはよくわかります。

その時に使っていた水虫薬はこちらの商品でした。

良く治りましたよ。

男性用

全額返金保証付きなので、安心です。
申し込みページ

2あとがき

そういえば着隊後に班長に風呂場につれて言ってもらったときに一番最初に言われたことは「マット踏まない方が良いよ」でした。

 - 部隊の自衛官へ






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

64式対戦車誘導弾|非常に扱いにくい兵器!

さて、前回は「MAT」について幾つかお話ししましたので、今回は01式軽対戦車誘導 …

二年目陸士が受ける新隊員が入る直前の反省

9月も半ばになれば続々と新配置隊員が部隊配属されてきます。 今まで一番下っ端とし …

行軍に持っていくのに最適な食べ物

一般部隊に配属された普通科隊員(それ以外も)には年に数回40km近くの行軍が待っ …

自衛官の心構え「責任の遂行」|平時の際に自衛官ができること

責任の遂行 (1) 勇気と忍耐をもって、責任の命ずるところ、身をていして任務を遂 …

駐屯地でも通販生活をする方法を教えます!

自衛隊は教育期間中はもちろん一般部隊に配属されても外出に制限がかかります。 そん …

自衛隊の防護マスクには・・矯正視力用のレンズがある

「状況ガス」 自衛隊では毒性のガスが発生した可能性があれば防護マスクをつけます。 …

任期制自衛官の再就職|わざわざ就職援護で転職しなくても良い

任期制自衛官は退職する時には基本的に再就職先を見つけてから退職します。 その時に …

現役自衛官がブログやSNSをする上で注意すべきこと

私のブログも少しずつ認知度があがってきました。 最近はツイッターも始めたので、コ …

アラサー自衛隊員が婚活市場でモテる理由!

自衛官ってモテるの?と思われた自衛官もいるかもしれませんが、自衛官はかなりモテま …

教育隊で掃除をさぼっていたら痛い目をみます

4月に入隊した新隊員もこの時期にはすでにそれぞれの部隊に配属していることだと思い …