元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

前期教育修了式~別れの日|ほろっときますよ

      2015/07/05

4月から始まった教育隊も残すところあとわずかです。

入隊した頃は慣れない教育に戸惑ったこともあるとは思いますが、途中で退職することもなく最後までやってこれたのは本当にすばらしいことだと思います。

中には「自衛隊楽勝だなー」という人や「また三ヶ月教育が続くのか・・」という人様々な気持ちだとは思います。

このサイトでは体験談をつらつら書くというよりも読んだ人に役に立つ情報を発信していきたいと思ってここまで記事を書いてきましたが、今回は私が修了式で感じた気持ちを中心に書いてみたいと思います。



修了式前夜

a1370_000492

修了式が近づくにつれて班長の厳しい指導を受けることもなくなってきました。

修了式前夜は班長も最後の夜を私たちと過ごそうと、ピザやお菓子、それに営内では飲んではいけないお酒を用意してくれました。

前期教育の三ヶ月、私にとってはなかなかしんどい体験でした。

自分から自衛隊に入隊したのですが、正直体力には自信があるほうではありませんでした。

それでも教育終了時には体力テストも合格できていました(最初の体力テストでは腹筋は級外笑)。

その夜は朝まで班長と班員と楽しく話をして過ごしました。

  • 教育隊で受けた厳しい指導の話
  • 年に1回は宴会をしよう計画
  • 後期教育の話

私は後期教育もそのまま部隊に残るということが決定していたので、班員を見送る側です。

営内班は7名だったのですが、そのうち部隊に残るのは2名でした。

違う部隊に行くのが嫌なのか同期は「普通科を選べばよかった」と愚痴を言う人もいました。

それでも決まった職種・任地は変えられないので遅いのですが。



修了式

2I申告する自衛候補生 - コピー

私は残念ながら表彰を受けることはありませんでした。

表彰を受ける隊員は私から見ても納得の同期でした。

なにをやってもうまく、要領も良い、射撃も当たるし体力もある。

万能タイプの隊員でした。

前期教育は正直そこまで真剣に良い成績を取ろうと思っていなかったので、悔しいと思うことも嫉妬をすることもありませんでした。

それでも「3ヶ月長かったなー・・」という感じですね。

私は大学を卒業してから入隊していたので前期教育隊修了式に両親を呼んで、ということはしませんでした。

なんというか気恥ずかしい気持ちです。

「大学を卒業したまぁ立派な大人が両親を呼ぶのもなー・・」という感じです。

中には子供がいる同期もいて家族で記念写真を撮っているのを見て「ああいうのは悪くないな」とも。

来賓の話は眠たい・・

ツイッターで修了式で話される来賓の話を聞いていると眠たくなるとつぶやいたら、反響がありました。

みんな同じ事を考えているんだなと思って。

そりゃそうですよね。

集団的自衛権が、憲法9条がなんていう話をされても眠たくなるだけです。

どうやったら良い成績を取れるか、女性にモテる方法は?なんていう話をしてくれた方がこちらからしたらワクワクしながら目もぱっちりですよ。

※全ての来賓を批判しているわけではありません。



別れの日

14a6b443211cbd5ad337f1b588dfe526_s

修了式が終わったということは次は後期教育が始まります。

一緒に教育を受けた同期ともお別れの時です。

「涙なんか見せないぞ」

と思っていたのですが、ほろっときました。

特にバディがトラックの荷台に乗って出て行くときには悲しい気持ちになりました。

私のバディは正直あまり要領が良いタイプではありませんでした。

運動神経も良く、性格も良い隊員だったのですが、要領が悪い・・

何をしても出遅れるタイプです。

色々と迷惑をかけられたのですが、一番仲が良かったと思います。

バディや部隊を去る隊員はもっと悲しい気持ちだったことでしょう。

「泣くまい」

そう思っていても厳しい教育を一緒に過ごした同期が部隊を去るのは悲しい体験でした。

修了式を迎えるにあたって

今教育隊にいる人はこれから修了式を迎えることだと思います。

きっと泣くことでしょう。

男なんだから・・そう思っていても、泣いてしまうものです。

三ヶ月一緒に教育を過ごして嫌いな同期好きな同期色々で会ってきたと思います。

それでも泣いてしまうものなんです。

残り短い期間しかありませんが、今のうちに離れ離れになってしまう同期と色々と話をしておいて下さい。

後期教育が始まるとまた忙しい日々が始まります。

後期教育で辛くなった時一緒に愚痴を言ったりできる友達が前期の同期なので。

 - 体験談, 前期教育隊






Comment

  1. ウラル より:

    はじめまして
    入隊直前から今までチラチラ見させていただきましたがいよいよ自分も修了式が近づいて参りました
    教育自体が終わってしまってこれからどうやって後期まで過ごすんだろうかと不安に満ちています
    今までずっとやるべきことに追われてましたからね

    • 元自にーさん 元自にーさん より:

      たぶん後期教育でもあいかわらずやるべきことに追われて終わると思いますよ。

      どんな職種でも忙しいでしょうから。

  2. 今を輝く候補生 より:

    こんばんは
    いつも拝見させていただいています。
    もう少しで前期教育も終わりに近づいてきました。自分は化学科希望なのですが、希望の職種に入ることはできるのでしょうか。区隊長に相談してもお前は普通科が向いているとしか言われません。
    このままいくと本当に普通科に行きそうで不安です。どうにか自分の希望職種に行けるようにしたいのですがどうしたらいいでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

災害派遣体験|洪水で沈んだ街

私が初めて自衛隊員として災害派遣に従事した、洪水の災害派遣の体験談。 そろそろ洪 …

入隊動機|なぜ自衛隊に入ったのか?

ぼくが自衛隊に入る動機について今回は語りたいと思います。 まずぼくがなんで自衛隊 …

mos教育・陸士特技課程初級対戦車検定試験の思い出

自衛隊員の訓練課程の中では、時折Mos(モス)検定が存在しています。 その前にM …

新隊員が知っておくべき敬礼のこと

教育隊に入ると自衛隊式の敬礼を習います。 ここでは10度の敬礼だったり、挙手の敬 …

自衛隊は学校とは違うというくせに入隊式には親が来るのはなぜ?

新隊員として自衛隊に来て、数日から一週間ほど経つと教育隊の班長が豹変します。 き …

元自衛官が教えるリアルな自衛隊あるあるを紹介

これを今ネットで検索して見てました。 いやー、いろいろありますねーー。 ・歩いて …

追い込まれすぎてストレス性腸炎になった同期の話

今回は私の後期教育の班長のお話です。 私の後期の班長はかなり厳しい人で有名でした …

自衛官を5年勤めた対戦車小隊砲手が自衛官に伝えたい大切なこと

私はこの「元自にーさんの自衛隊ブログ」とツイッターにて様々な自衛隊情報を公開して …

64式7.62mm小銃分解結合徹底解説(仮)

64式小銃の諸元 口径                 7.62mm 全長    …

私が前期教育中最も精神的に追い詰められた連帯責任の反省は?

自衛隊は規律を重んじる組織です。 集合時間に1分でも遅れるようなことがあれば、1 …