元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

自衛官の心構え「規律の厳守」|規律は部隊の生命

      2015/07/26

規 律 の 厳 守
(1) 規律を部隊の生命とし、法令の遵守と命令に対する服従は、誠実厳正に行なう。
(2) 命令を適切にするとともに、自覚に基づく積極的な服従の習性を育成する。

規律を守らない組織は歯車の壊れた時計と同じ。一箇所でも狂いが生じたら動きが止まってしまいます。

組織にとって規律とは時計にとっては歯車のようなものです。

どこかに狂いが生じたら組織は止まってしまいます。

だから隊員は規律をいつも厳守しておかなければならないのです。

部隊の中心にいる指揮官はその指示がしっかりと要領を得た命令でなければなりません。

そしてその命令の理由もしっかりと部下に理解しておいてもらわないといけません。

といっても指揮官の出す命令がいつも正しいとは限らないんですけどね。

人間だもの仕方ないよ、間違うことも要領が悪いこともあります。



要領の悪い指揮官

これは決して自衛隊に限った話ではないと思いますが、要領を得ていない指揮官は事前準備をしっかりとしていないのか、行ったり来たりを繰り返します。

それも自分が動くのであれば勝手にしてくれという話なのですが、こういうとき動くのは陸士になります。

指揮官の要領の悪さによりしわ寄せが来るので本当に士気が下がります。

自衛隊はチェックリストがお好き

要領が悪い人でも一定の作業成果をあげるために導入されているのが、チェックリストです。

何かとチェックリストを作って誰がやっても一定の成果を上げることができるような仕組みづくりを作っています。

課程教育に行ってもテストはチェックリストにある項目を全て滞りなくできるかというのを一つの基準としていることが多くあります。



士気の高さと規律の高さは比例する

規律を厳守したいと思ったときに大切になってくるのは士気の高い部隊です。

士気が低いとちょっとした規律違反もまぁいいかと思ってやってしまいがちです。

だからこそ、規律を守る部隊にとって必要となってくるのは部隊の士気を挙げる優秀な部隊の指揮官ということになってくるのです。

陸上自衛隊でも士気が高い部隊は?

陸自の部隊を考えても全ての部隊がしっかりとがんばっているか?というと違うんじゃないかなと思います。

正直ゆるゆるな部隊があるとよく話を聞きます。

その中でも私だったら耐えられないだろうなと思うのが第一空挺団です。

参考 習志野第1空挺団を徹底解説してみた!

同期から話を聞いていたら恐ろしいエピソードのオンパレードです。

そりゃ手当もらわないとやってられないという感じですね。

中には士気が低くて毎日スマホで副業に励んでいる隊員もいます。

参考 自衛官でもできる副業の種類を紹介します!

 

自衛官の心構え

使命の自覚

個人の充実

責任の遂行

規律の厳守

団結の強化

 - 部隊の自衛官へ, 陸曹候補生試験






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自衛官の私服はダサいと言われていますよっ

ぼくは自衛隊に関して書かれた記事をかなり読んでいる人間だと思います。 自衛隊ブロ …

自衛官でもできる副業の種類を紹介します!

営内で生活していると生活の基本的な部分にはお金がかかりませんが、手取り自体は正直 …

84mm無反動砲と01式軽対戦車誘導弾の違い|値段高すぎー

さて以前、自衛隊における対戦車兵器の代表でもある84mm無反動砲の内容を書かせい …

普通科の対戦車砲と小銃火器の違い!

後期教育が終わり、部隊配属される季節がやってきました。 大部分の陸上自衛官は普通 …

ゆっくりやってと言われる仕事、やることがない自衛隊

営利企業で働いているとなかなか聞かない言葉が自衛隊では良く使われます。 「ゆっく …

自衛隊の人間関係について 怒りを堪えよう!

自衛隊へと無事に入隊を果たし、物品受領などを終え、入隊式を済ませれば、同期達と一 …

自衛官の心構え「責任の遂行」|平時の際に自衛官ができること

責任の遂行 (1) 勇気と忍耐をもって、責任の命ずるところ、身をていして任務を遂 …

自衛官の心構え「団結の強化」|指揮官を中心として・・・

団 結 の 強 化 (1) 卓越した統率と情味ある結合のなかに、苦難と試練に耐え …

二年目陸士が受ける新隊員が入る直前の反省

9月も半ばになれば続々と新配置隊員が部隊配属されてきます。 今まで一番下っ端とし …

行軍に持っていくのに最適な食べ物

一般部隊に配属された普通科隊員(それ以外も)には年に数回40km近くの行軍が待っ …