元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

広報官に聞いた新隊員が教育隊を辞める理由

      2015/12/30

広報官を経験した隊員に在職中に質問をしたことがあります。

「新隊員ってそんなに教育隊を辞めるんですか?」

私が教育隊にいた頃はそこまで大量に新隊員が辞めたということはなかったのですが、色々な話を聞いている中で多いのは教育隊で脱落していく隊員が一定数いるということです。

新隊員に詳しい広報官が言うには教育隊の間に辞める隊員が一番多いということでした。

自衛隊を辞める理由を突っ込んで聞いてみました。



精神的に辛くて、人間関係がうまくいかなくて

入隊希望者というのは体力がある者がやはり多いです。

自衛隊は体力勝負ということをしっかりと理解しているんでしょうね。

なので、体力的にきつくて辞める隊員はあまりいません。

実際に多いのは精神的に辛い、人間関係がうまくいかないということが理由だそうです。

自衛隊は団結を強化したり、班員同士の仲を引き裂くようなことを平気でします。

参考記事

私が前期教育中最も精神的に追い詰められた連帯責任の反省は?



どうしてこのような不幸なことが起きるのか?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-03-OOK3S0420140125180412500-thumb-1000xauto-12205

高校卒業組みでも大卒組でもせっかく入った会社を辞めてしまうというのは誰にとっても不幸なことです。

どうしてこのような不幸なことが起きるのか?

私が思う第一の理由は広報官が嘘をついて新隊員を募集するからです。

教育隊に入る前に知っておきたい広報官が付く嘘

どんな会社でも新入社員にはできるだけ良い情報を流すものです。

そのギャップが大きければ大きいほど入社後不幸が起きる可能性が高くなります。

どうして広報官は嘘をつくの?

今回広報官と話す機会があったので単刀直入に尋ねてみました。

「広報官にはノルマがあるのですか?」

返事はある、とのことです。

まぁどの会社でも外回りの社員にはノルマがあります。

広報官は自衛隊の宣伝営業職みたいなものですから。

ノルマはざっくり20人くらいの新隊員を入隊させることらしいです。

そのためには試験に60人くらいは応募してもらわなければならないらしいです。

2最後に

私のブログではできるだけ自衛隊に対して公平な立場で記事を書いています。

自衛隊に肩入れをすることもなく、かといって批判することもありません。

ただ純粋に私が在職中に感じていたことを淡々と語っていくスタンスをこれからもとっていきたいと思います。

でも、できるだけ「自衛隊って嫌よね・・」という情報を流しています。

それは広報官がそのような情報を流さないようにしているので、その代わりです。

本当に辞めたくなったら読んで参考にしてください!

新隊員が教育隊を辞める方法教えます

 - 新隊員へ






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自衛隊を辞めたいなら、すぐにでも次の仕事を探し始めるべき!

この記事では教育期間中に辞める隊員に多い特徴、自衛隊は簡単に辞めさせてもらえるの …

自衛官の心構え|体育会系組織での振舞い方

入隊するまでにバリバリの体育会系組織に所属した経験がある人なら自衛隊の体育会系っ …

行軍は終わってからが訓練の始まり

前期教育隊で10km行軍、25km行軍、後期教育隊で35km行軍を歩きました。 …

成績の裏側|自衛隊は成長率を重視する

体力、技術、学科どれをとっても優秀とまでは行かない、それでも自分の希望する職種、 …

新隊員が知っておくべき敬礼のこと

教育隊に入ると自衛隊式の敬礼を習います。 ここでは10度の敬礼だったり、挙手の敬 …

新隊員は特に注意!入隊するとかかる病自衛隊マジック

年 23 24 25 計 227,848 224,526 225,712 男 2 …

営内清掃のポイント!窓ガラス

新隊員生活の中でもめんどくさいのが営内清掃だと思います。 特に教育隊隊舎が2階以 …

89式5.56mm構成部品徹底解説(仮)

関連記事 64式7.62mm小銃分解結合徹底解説(仮)未完成だけど・・ に引き続 …

新隊員必見!教育隊で使える外出簿の修正方法

教育期間中は週末くらいしか外出ができません。 それも日帰りの普通外出だけですよね …

自衛官が使うライトは赤色じゃなきゃダメ!!

自衛官は基本的に隠密行動部隊です。 それはどんな職種でも同じです。 だからこそ、 …