元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

留守家族の防災対策~もしもの時に…自衛官妻が考える備え~

      2016/12/13

筆者は海上自衛官の夫と結婚して3年弱経ちますが、幸いまだ大きな災害を経験する事はなく今日まで平和に暮らす事ができました。

しかし、地震大国の日本では全国各地で大小問わず頻繁に地震が起こっていますよね。

ここ数年の転勤先でも何度かハッキリ体感できる程度の地震があったように思います。その度に夫がいれば、安否確認の電話がたとえ真夜中でもすぐに鳴ります。(電話に気付いて夫を起こすのは大抵妻ですが…笑)

どんな時でもスマートかつスピーディーに対応し、日本の平和を日々守ってくれている彼らは本当に凄いな…とつくづく感謝の念が込み上げてきます。

そしてその度に留守時は夫に代わって家庭を1人で守らなくては!と強く決意し直す日々です。

ではそんな私が夫がいない万が一の際に備えている防災対策について具体的に解説していきますね。



【多過ぎず、少な過ぎずの蓄え】

女性の私でも子供を抱いて背負うのに負担にならない大きさの防災リュックを用意しています。

市販の物でケガの応急処置グッズや非常食の入った物ですが、そこにプラスαでベビーフードとおやつや水を予備で足したものです。それだけでは1,2日分程しかもたないとは思いますが多過ぎて結局持ち歩けないと意味がないので最低限を吟味してリュック本体の重さも含め10kg以内にしています。

これに子供と抱っこ紐の重さを考えると20kgを超えるので重過ぎるかな?と悩む気持ちもありますが、賞味期限の確認などを夫婦で行っているので逐一減ったり増えたりしているので問題ナシとしています。



【子供グッズは何より充分に】

市販の防災リュックには子供用品が必ずしも入っているとは限りません。我が家が購入したものも入っていませんでした。

その為、子供のパック入りの飲みの物を数種類、現在の月齢から食べられるベビーフードとおやつ、プラスチックのスプーン&フォーク、オムツ&お尻拭き、おもちゃもないと場が持たないので飛行機内で貰った折り紙とビニールの飛行機を足しています。



【日頃から家族で避難場所情報を共有】

我が家は比較的基地の近くに一般の賃貸を借りて暮らしているのですが、万が一の際は地域の避難場所が複数あるので家族間で話し合って一ヶ所ココ!と決めています。

理由はやはり自衛官という職業柄、一度災害派遣などに出てしまうと連絡が付かなくなる事もあるので居場所がある程度分かるように目安に出来るようにするためです。

実際はどこで被災するかは誰にも分かりませんが、お互いココを拠点にとどこか決めておくのも大切です。我が家は第二までですが、第三候補くらはあってもいいと思います。

【最低限の連絡先は暗記or防水を兼ねたメモに】

転勤族の我が家では引っ越すたびに当然住所や固定電話の番号が変わります。

その度に新たに番号を覚えますが、何かの書類で以前の電話番号に加えお互いの実家の住所電話番号…と結構な数の連絡先を覚える必要があるのでこれ以上あまり沢山の連絡先を覚える自信がありません。笑

そのため、親族や親しい友人の連絡先は防水のジップ付きの袋にメモ帳を入れて防災リュックの内ポケットにしまっています。

市や行政の災害時の各種問い合わせ番号などは元々防災リュックに準備されていたので、それをそのまま使って+欲しい情報の番号をメモに書き足しています。

【行政の主催するイベントには積極的に参加】

私自身新しい土地に早く馴染むことが一番の防災対策だと考えています。

行政の子育てイベントに参加すると、市の子育てに関連した課の職員の方と話したりするのも大切ですがママ友のネットワークが出来る点が大きいです。

結婚して住んでいる地域が地元ならいいのですか、自衛官の方もまた奥様も比較的地方出身者が多いので必ずしも住んでいる地域が地元ではないので土地勘を早く養う為にとても重要になってきます。

田舎の場合特に何か市が主催しているようなイベントに参加すると、市の職員の方と話すキッカケがある事も多いので災害時も一度話した事のある人がいれば知らないところでも少しは安心ですよね。

皆さんは何か防災対策、してますか?テレビで流れるニュースは決して他人事ではないのです。明日、もし大きな災害が起きても備えは充分ですが?

是非一度休日にでもご主人と一緒に見直してみてくださいね。

 - 自衛隊妻






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自衛官パパにオススメしたい留守で子供に忘れられない対策5選!

自衛官は訓練や出港など様々な任務で家を留守にする事があります。特に海上自衛官であ …

独り身の主婦!?海自妻が教える幹部自衛官との結婚生活の実態

つい3,4年ほど前までは、婚活パーティー疲れで合コンも連敗…。 美容院にほぼ月1 …

留守が多い自衛官パパに勧める子育て支援メソッド~今日からあなたもイクメン幕僚長!~

日々日本の平和の為に働く自衛官パパ。 そのため職業柄家庭で過ごす時間が、年間で換 …

海上自衛官と結婚したければ胃袋を掴め!~幹部妻オススメの鉄板メシ五選~

海上自衛隊といえば金曜日にカレーを食べる事がとても有名ですよね。つい先日横須賀で …

新婚海自ファミリーにありがちなトラブルと解決法

自衛官という職業は陸海空問わず、上下関係が厳しく規則も多いためストレスの多い仕事 …

自衛官のパートナーに生じる疑問~元OLの妻から見た海上自衛官とは?~

自衛官として働く男性の多くは、高校や大学などを卒業後からすぐに自衛隊に入隊し日々 …

産後クライシスから妻を防衛せよ!~これからパパになる男性自衛官に知ってほしい5つの事。

昨年夏に第一子を出産してもうすぐ一年が経とうとしている筆者ですが、海上自衛官を夫 …

実体験に基づく正しい自衛官との”出会い方”~自衛隊基地イベントに参加して・・・~

海自妻歴数年の筆者ですが、私の生まれ育った街には大きな海上自衛隊の基地はありませ …

自衛官家族の貴重な休日はBenefitStationをフル活用!海自妻の選ぶ活用術五選

平成28年度から自衛官&自衛官家族向けの福利厚生サービスが新しくなったの …