元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

海上自衛隊の仕事内容:警衛隊警衛班~思い出の差し入れ~

      2016/12/12

海自に入隊し3ヶ月間の教育隊での訓練の後、初級航空基地員課程という航空基地員の中にはどんな職種がありどんな業務をしているのかという基本的なことを2ヶ月間学び、晴れて自衛官として初めての基地勤務に就くことになります。

初任海士として最初の配属先は警衛隊警衛班という、言わば基地警備を主たる業務としている部署です。

自衛隊の基地の前を通ったことのある方はご存知だと思いますが、正門の真ん中に人が一人入れるような小屋があり、そこにはいかにも警備してるぞというヘルメットをかぶった隊員が立っている光景を目にしたかと思います。

そしてその横には詰所があり同じ装備の人間が4〜5人待機しています。

当直は3日に1回あるのですが、当日の装備は制服に足元は脚絆と言われる編上げのものでズボンの裾が絡まったりしない物をつけ、弾帯という革製ベルトを腰に巻き、特殊警棒を腰もとに刺して、警備員とわかるような腕章をつける、この格好でほぼ24時間過ごすことになります。

当直日の主な業務としては詰所での受付業務、これは一般の出入り業者(例えば施設工事業者や食材納入業者など)に行き先と用件を聞き入門申書を記入させバッチを貸し出します。

一般企業で女性の方がやっている受付業務とほぼ変わり無いと思っていただいて結構です。

これを30分やって、ローテーションとして正門にある小屋で立直を30分やります。

ここでは、隊員の出入りの際の身分証明証や車両乗り入れ証の確認、詰所で入門申請をして隊内に入った人が帰る時に発行された申請書とバッチの回収、あと公用車両の出入門時間の記録などが主な業務になりますが、ここには詰所との連絡用のインターホンがついているため、時々小屋の中に立っている者の独り言や鼻歌などを詰所で聞いて皆で大笑いしたり、緊張の中にもそんなゆとりをもたせていたりもしました。

次に重要な業務として1時間に1回の道哨「どうしょう」(字が違ってたらすみません)と言って、ジープで隊内の見回りを行います。航空基地ですのでマニアのフリをして施設内の撮影を行なっている者がいないか、海沿いでしたので必要以上に岸に接近している船舶は無いか等の巡回をしなければなりません。

時々不審な動きをする船舶を管制塔が発見して詰所に連絡を入れてくる時などもありましたが、ほとんどが私の知る限りではトラブルは経験しませんでした。

そして一番忙しいのが課業時間(海自は就業時間をこう呼びます)終了と同時に我先に帰宅する営外居住者の退出時の確認です。

ほとんどの者が私服での退出になりますので、自衛官として恥ずかしくない服装かどうか、車両に不具合が無いか(特に降雪時にボンネットに積雪が残ってないか等)の確認をすると同時に基地隊司令や群司令などが帰宅されるさいには全員でお見送りをしなければならないので、それが隊員車両と遭遇しないように整理し、隊門を出て一般道に右折されるので一般の直進車両を止めたりなど細部にわたっての交通整理が夕刻は大変だった記憶があります。朝は朝でその逆に出勤してくる際の交通整理とほぼ決まった時間に登庁される司令の出迎えの待ち受けにも神経をとがらせていたものです。

そんな一連の業務を淡々とこなしながら、日没と同時に国旗が下されると人の出入りも少なくなりますので、正門は「半門」と言って半分閉じられます。その状況になると各人階級に合わせて割り当てられた作業を行うことになります。

一番下っ端は受付に座りジッと前を見て人の出入りを確認したり、直長は業務日報を書いたり、当日の入門申請とバッチの数を照らし合わせたりと地味な作業を行います。

20時になると巡検と言って当直士官が各施設を巡回します。まずはじめに立ち寄るのが正門ですので、整列して当直海曹が異状なしの報告をすると夜勤が始まります。

A,B,Cと3直に分けられ、A直は当直海曹と一番下っ端の者、B直は次席海士が0時から3時、C直が直長海士と序列が下から2番目の者が組むのですが、直長を起こすのは5時なのが、暗黙のルールでした。すなわち当直海曹が起きる6時前に起きて仕事をしてるフリをして、3時から5時までは後輩一人に任せるという非常にセコい輩でした。

A直などは朝から仕事のしっぱなしで深夜0時までなので22時を超えると一気に睡魔が襲います。

当直海曹は後ろのソファに座ってテレビを見ているのですが、私たちにはそんな資格はありませんので、ただひたすらにジッと前を見ているだけですが、時折睡魔に勝てずうたた寝をしてヘルメットを落とすこともしばしば。皆が一度は通る睡魔との戦いです。



突然の訪問

ある当直の夜、閉門後に正門横に備え付けられたインターホンが突然鳴りました。

ごく稀に酔っぱらいの一般人がいたずらで鳴らしていくので「またか」と当直海曹と話しながら正門横の扉を開けるとどこかで見た顔の人が「遅くまでごくろうさんだね」とホロ酔い気分で話しかけてくるので身分証明書の提示を促すと「おぉ、そうだったな、ごめんね」と言いながら提示した身分証明書を見てビックリ。

な、なんと基地隊司令ではありませんか!すぐに詰所にご案内すると、当直海曹も驚きを隠せず直立不動。なんでも地域の方との親睦会が近くの寿司屋で催され、基地が近くだからと業務中の私たちのためににぎり寿司を差し入れてくださったのです。

「3人で食べようよ、夜食まだだろう?」と微笑みながら…。ついでに仮眠を取りたいとのことで他の当直員が寝ている仮眠室で仮眠をとられて起床時間の前に車両班に車を頼み、一旦ご帰宅され、再度定時に制服に着替えて登庁されましたが、その際わざわざ私の前でドライバーに車を止めさせ、「昨日の寿司のことは3人だけの秘密だよ」と小声でささやかれ車を出すよう命じられました。

一等海佐と二等海士、あと三等海曹の3人だけが共有する秘密もいいものですね。

みなさんも最初は慣れるまで辛い勤務状況下に身を置くことになるかと思いますが、苦しい中にこそ、ちょっとしたいいことがあると沈んでいた気持ちがリセットされることもありますので、「自衛隊もまんざらでもないな」と思いながら、入隊後の自分の姿を思い描いてみるのも楽しみのひとつかなと思います。

 - 海上自衛隊






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

海上自衛隊(海自)に入隊したが事前にそんな話聞いてなかった事

様々な企業さんやお店でアルバイトや就職を経験した事がある人であれば一度は経験した …

海上自衛隊航空管制官になる方法!

海上自衛隊で航空管制官の職種に就くことを希望している方へ「どうすれば航空管制官に …

海上自衛隊の新隊員教育で行われる訓練の流れ

おおまかな1日のスケジュールとしては 起床→体操・ランニング→朝食→午前中の訓練 …

~1日の流れ~海上自衛隊の訓練:部隊勤務と勤務時間内の仕事

自衛隊に入隊し実働部隊に配属され、一定の基礎研修いわゆる基地ごとにある仕来りや各 …

海上自衛隊術科学校等各教育機関について

海上自衛隊には各職種の専門知識、技能を学ぶ教育機関があります。 そのうちのひとつ …

海上自衛隊の訓練~当直勤務体制(艦艇・陸上)~

ここでは簡単に海上自衛隊の勤務体制について説明したいと思います。 艦艇の当直 艦 …

海上自衛隊・航空管制官という職種を選んでよかったこと

「海上自衛隊に航空管制官がいるの?」ということを時々言われますが不思議に思うのも …

海上自衛隊の厳しさ!上下関係を徹底的に鍛えられる

海上自衛隊に入隊して教育隊でまずキツく教育されたことのひとつに「上下関係」があり …

海上自衛隊・横須賀教育隊に女性自衛官(WAC)として入隊

  今回は、私が横須賀教育隊に入隊した体験をご紹介します。 少し前の話 …

海上自衛隊・航空管制官が見たヘリパイ教育

航空学生だって人の子だもの 山口県にある小月航空基地は「221教育航空群」「20 …