元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

海上自衛隊に入隊して感じた一般社会とのギャップ

      2016/12/12

みなさんもご存知のように「自衛官」は特別職とはいえ国家公務員という立派な職業であり、責任ある立場の業務に従事しています。

しかしながら国家公務員と言っても、他の職種と大きく違うのは「基地があり(艦船も含めて)その中で食事や寝泊りをするというある種閉鎖的な世界に身を置くことになるわけです。

一般の企業でも今では警備会社に施設警備を委託したり、各所に防犯カメラを設置したり、機密情報の取り扱いには細心の注意を払ったりとセキュリティの上では何ら自衛隊もかわりはないのですが、これは誇大表現になるかもしれませんが、一般企業との大きな違いは自衛隊が取り扱っている物は「国家」であり、「国の防衛」という絶対的に侵されてはならない物であるということです。

まずこの意識というのは自衛隊に入隊してすぐにはピンときません、こないのが当たり前だと思います。今まで普通に生活していたのがある日突然領海だの防空識別圏だの言われても「聞いた事はあるけど…」くらいにしか思わないのが普通でしょう。それが様々な訓練を重ねていくうちに「自分たちが何故今こんな訓練をしているのか」という意味がわかるようになってきます。

この意識付けの方法についても一般社会とは全く違います。

こんな話を書くと自衛隊に入隊を考えている人にはキツいかもしれませんが、これが私たち世代が体験したことなので「昭和の時代」のやり方だと思って頭の片隅にでもいれておいてもらえれば結構です。

まず自衛隊は「規律」を重んじるところですから上下関係が明確になっています。これは「一般社会でも同じ事」だと思われるでしょうがここから先がまず違います。

今の時代パワハラやセクハラをやってしまえば一発で懲罰でしょうが、自衛隊では上司の命令に文句一つ言おうものなら鉄拳一発は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

自衛隊には「上司の命令に従う義務」いうものがありますから命令に従わなかった方が全面的に悪いということです。



教育期間中の外出

また教育期間中は入隊時に着用してきた私服は引率してきた地連の担当者が持ち帰り、制服での外出になります、私の時は冬の入隊でしたので正月休暇は制服で帰省しました。

みなさんは見かけたことありませんか?街中を自衛隊の制服を着て買い物をしている人を。あれは自分の意志でそうしているのではなくて単に着るものが制服しかないからなんです。

また外出前には外出員整列というのがあり、その日の当直幹部が外出にふさわしいかどうかの点検を行います。

例えば制服にはアイロンがちゃんとかかっているか、靴はピカピカに磨かれているか等々ありますが、運悪く指摘事項があった場合は楽しみにしていたその日の外出はなくなります。

一般企業でも新入社員研修などあるかと思いますが、例えば○○製作所で制服が作業服だとしても「外出は作業服でしろ」なんて言われないと思いますし、靴の磨きが足りないといって外出禁止にはならないでしょう。



教育期間中の金銭管理

次にお金の使い方についてもこれは部隊勤務になってからも厳しかったように思います。

これは所属長の考えによって違いますが、当時の私の班長は給料から強制的に毎月一万円は定期預金をするように指導していました。

ただしこれは取引銀行ではなくて隊内の経理隊で行わなくてはいけませんでした。こんな事がありました、私の実家のテレビが壊れてしまい現金でテレビを買わざるを得ない状況になった時、親から頼まれて一旦私の定期を崩す事になったのですが、定期預金を崩すには持ち回りという一般企業で言うところの稟議書を持ち回らなければなりません。

自分の属する直の直長(主任)〜先任海曹(係長)〜分隊士(課長補佐)〜班長(課長)〜隊長(部長)※カッコ内は一般企業でのポスト の順番で印鑑をもらわなければいけません。

そこで班長のところでストップがかかり「何故お前が実家のテレビを買わなければいけないんだ」から始まり、最終的には購入したら店舗の領収書を提出する事を条件に捺印してくれました。

最終的に隊長のところに行くと「よくここまでたどり着けたな」と同情的なお言葉…。

一般企業ではまずここまでやらないでしょう。入社4年目の社員にお金の使い方の教育なんて。

むしろ「そんな稟議書持ち回る暇があったら外回りして仕事もらってこい」と叱責されるのが容易に想像できますよね。今の時代ならこれもパワハラのひとつに入るんでしょうか?

最後に自衛隊に入隊したての頃、ある班長から言われた忘れられない一言をご紹介しましょう。

朝礼時に色々な指摘事項を述べた後最後に「いいかお前ら!お前らは八百屋の野菜と一緒だ!

クズ野菜を一山なんぼで売ってるだろう、お前らはそのクズ野菜なんだよ!!」

多分この班長も高校を卒業してすぐ入隊して自衛隊一筋でこられたんでしょう、こんな言葉を平気に口に出来る人はそうはいないと思いますが。

後に私が自衛隊を退職した後で、知り合いの弁護士にこの件を話すと「今の時代なら一発アウトだね」だそうです。

一般社会でもよく下の者にグズグズ文句を言う人を見かけますが、どちらがいいんでしょう?

ストレートにクズ野菜扱いかグズグズ言われるのか…。

やはり最初にも書きましたが自衛隊は「規律」を重んじるところなので、ある程度は厳しい態度で接して線引きが必要なのでしょうが、その線の太さ、距離感などが一般社会と大きく違う点でしょう。

新入社員研修で一週間の体験入隊などで訪れた方に話を聞くと「よく辞めようとか逃げようとか思いませんでしたね」と言われましたが、正直最初は毎日考えてました。

しかし時が経てば環境に順応するし、これが自衛隊というところのルールだと思えば何とかやっていけるものです。

一般社会(自衛隊ではシャバと呼んでいました)と柵ひとつ隔ててこんなに違う人種がいるのかと最初は驚くと思いますが、今は時代が違いますから私が体験した事はほとんど皆無だと思いますが、ひとつのエピソードとして読んでいただければ幸いです。

ライター:元海上自衛官

 - 海上自衛隊






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

海上自衛隊の訓練~当直勤務体制(艦艇・陸上)~

ここでは簡単に海上自衛隊の勤務体制について説明したいと思います。 艦艇の当直 艦 …

海上自衛隊は勤務時間外に基地でどのように過ごしているのか?

さて、今回は海上自衛隊の陸上部隊の生活をお伝えしたいと思います。 海上自衛隊とい …

海上自衛隊の仕事内容:警衛隊警衛班~思い出の差し入れ~

海自に入隊し3ヶ月間の教育隊での訓練の後、初級航空基地員課程という航空基地員の中 …

入校発令は突然に~准看護士資格を蹴った海上自衛官の話~

自衛隊で業務を続けていくにはそれぞれの配置の特殊技能を身につけなければいけないた …

海上自衛隊・航空管制官という職種を選んでよかったこと

「海上自衛隊に航空管制官がいるの?」ということを時々言われますが不思議に思うのも …

海上自衛隊(海自)に入隊したが事前にそんな話聞いてなかった事

様々な企業さんやお店でアルバイトや就職を経験した事がある人であれば一度は経験した …

~1日の流れ~海上自衛隊の訓練:部隊勤務と勤務時間内の仕事

自衛隊に入隊し実働部隊に配属され、一定の基礎研修いわゆる基地ごとにある仕来りや各 …

海上自衛隊・横須賀教育隊に女性自衛官(WAC)として入隊

  今回は、私が横須賀教育隊に入隊した体験をご紹介します。 少し前の話 …

海上自衛隊の火災・戦闘時などの緊急対応訓練の様子(艦艇編)

海上自衛隊護衛艦の訓練って何するの? 訓練と一言に言っても多種多様なものがあり、 …

海上自衛隊航空管制官になる方法!

海上自衛隊で航空管制官の職種に就くことを希望している方へ「どうすれば航空管制官に …