元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

海上自衛隊・航空管制官という職種を選んでよかったこと

      2016/12/12

「海上自衛隊に航空管制官がいるの?」ということを時々言われますが不思議に思うのもごもっともで、海自イコール艦船のイメージしかありませんから空自にしか航空管制官はいないと思われるのがごく自然な考えだと私も当初思っていました。

航空管制官になりたいから空自に行くという理由で入隊試験を受けましたが、海自に振り分けられてしまいガッカリしていた私に地連の方が「海自にも航空管制の部署はあるからガッカリしないで」と言われました。

そうなんですよね、冷静に考えれば当時からDDHというヘリコプターを艦載した船があったわけですから、そこにも航空管制官は必要なわけですよ。

ただ本音を言えば船には乗りたくないなぁと思っていましたが。

部隊勤務をしながら航空管制官の教育機関である「航空自衛隊第五術科学校」への入校が決まった時には本当に嬉しかったです。

先輩や周囲の者からは「航空管制なんて決まった英語しゃべるだけじゃないか」とかやっかみにしか聞こえない陰口を叩かれてきましたので、絶対に見返してやるという気持ちで愛知県小牧市にある空自小牧基地へと向かいました。



航空自衛隊第五術科学校へ

ここは基本的には空自の隊員の教育機関なので、航空管制をはじめとしてパトリオット管制や飛行管理など空自の業務に関する教育を受ける隊員がメインなのですが、私たちのような海自と陸自の教育を受ける者は「委託学生」という位置付けをされていました。

いよいよ待ちに待った航空管制官への第一歩を踏み出す(準備)ことになるのですが、空自全体がそうなのかは定かではありませんが、「食事が美味い!」。痛感しました。

いつもこんな美味いもの食べてるのか?さらに毎月一回は昼食にステーキが出る!海自の週一回はカレーとは大違いで「小牧にきて良かった〜」と思ったものでした。しかしその反面ここは愛知県、毎食味噌汁は赤だしです、外出して定食を注文しても出てくるのは赤だしです。1年3ヶ月の小牧暮らしで一生分の赤だしを食べた気分でした。

そして当時若かった私たちの目を釘付けにしたのはやはり女性自衛官でした。

海自はWAVE、空自はWAF、陸自はWACとそれぞれ呼ばれていましたが、私の勤務していた基地には女性隊員は皆無でした、いるのは売店のおばちゃんと栄養士の事務官だけでしたので、本物の女性隊員を見た時には免疫のない私たちには衝撃が強すぎたようです。

特に「飛行管理員課程」というフライトプランの作成などを行うオペレーション業務は海自では下っ端の航空管制官が順番に兼務するのですが、空自では女性隊員の仕事で入校期間が3ヶ月なので、次から次に入れ替わり立ち替り入校してきますから飽きる暇がありませんでした。

ある意味パワーの源になったのではないでしょうか。その時に何組かのカップルが成立したなんてこともありましたから若さって素晴らしいですね。

また居住区が海自、陸自、空自と同じ建物の中でエリア分けされていたのですが、最初に感じたのは「掃除がなっとらん」ということでしたね。陸自と空自は教育隊でどんな躾を受けてきたんだと常々口にしていました。

そこで同期16名で、朝の全体朝礼前に15分間ベッドメイキングを含めた身辺整理を行う、次に夜19時30分から30分間居住区を含めトイレ清掃キッチリとを行う、最後に1ヶ月に1回大掃除と称して通路のワックスがけなど細部の清掃を行う、以上の事をルーティーン化することを決めました。

効果的面、始めた当初は白い目で見られていた私たちも次第にピカピカになる廊下やトイレなどの共用部分を目にした陸自や空自の学生も触発されたのかだんだん掃除をするようになってきました。

これには海自の班長も鼻高々で「海自のプライドここにあり」と胸を張っていたようです。私たちも何かあると陸自と空自と張り合いながらの生活でしたのでいくらか溜飲が下がったようでした。

生活面で良かったのはこれくらいですが、いざ「職種」として航空管制官を選んで良かったなと思う事は、やはり何につけても好奇心を持てるようになったことです。

ミスが許されない仕事をしていくなかで先輩管制官の横について先輩のやり方を見て、「何故?」「どうして?」と感じることが多々ありました。

普段なら気にも止めないようなことも「とにかくくだらん事でもいいから質問しろ」と言われ続ける中で、注意力・好奇心総じて「全てに対する『欲』」が身につくようになりました。

イコール雑学王ではありませんが、何でも知りたいという欲求は未だに変わりません。航空管制官は基地内では正直言ってパイロットに次ぐ「鼻つまみ者」です、「エリート意識やプライドが高い」などと思われていますが実際のところそんなことはありません。

私たちも一般の試験を受けて、適性検査も受けて、希望する職種を伝えて、同じ条件下でこの職種に就いているのですから堂々としていればいいんですけどね。

どんな仕事でも「貪欲」になれば自信もつくし、他人の事なんか気にならなくなるはずです。

あとこの業務をしている中で最も嬉しかったことは、小牧時代の同期が航空管制官からパイロットに転身したんですが、その彼のフライト訓練の時に自分が管制塔からコントロール出来た時は嬉しかったですね。

後に食堂で顔を合わせた時に「有難う」って言われてやっぱり同期っていいもんだなと思いました。

同様に他の基地からフライトでやってきて、帰る際に離陸許可を出して私たちの管制圏離れる時に「サンキュー・フォー・グッドコーパレーション」と言われた時も、「ハブ・ア・ナイスフライト・グッデイ」と無線で交信出来た時はこの仕事やってて良かったなと思える瞬間です。

何の職種でもそうですが、仕事ですから楽なことばかりではありません。技術が錆つかないように日々鍛錬を怠らないのも仕事です。

その中で感謝されたり褒められたりするのは、ほんの少しです。でもその「ほんの少し」を得た時は嬉しいはずです。「あ〜この職種選んで良かったなぁ」ときっと思えるはずです。

志ある人は自衛隊の中で技術や知識をたくさん吸収してください。

お給料もらいながら勉強できるところなんて他にはないですよ…。

 - 海上自衛隊, 職種




kotirade

Comment

  1. 北鎮整備員 より:

    何時も拝見しております。後期教育を終え部隊配置されて1ヶ月の武器科二等陸士です。武器科は第二志望で希望しており、今もそこまで不満がある訳ではありませんが、先程航空管制官の試験を受けさせ貰える事になり、第一希望の航空科に近付けると思い喜んでいる次第です。航空管制官を目指したいのですが、試験内容はどのような感じだったのかざっくり教えて頂けると助かります。

    • 元自にーさん 元自にーさん より:

      この記事は外部ライターに書いてもらった記事なので、詳細はわかりません。

      上の人にデータをもらうのが確実だと思いますよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

海上自衛隊の火災・戦闘時などの緊急対応訓練の様子(艦艇編)

海上自衛隊護衛艦の訓練って何するの? 訓練と一言に言っても多種多様なものがあり、 …

中央即応集団!任務・編成・トップをできるだけ調べてみました。

自衛隊で勤めていてもほとんどの隊員は「戦争なんて起きない、災害派遣もたまーにしか …

海上自衛隊の仕事内容:警衛隊警衛班~思い出の差し入れ~

海自に入隊し3ヶ月間の教育隊での訓練の後、初級航空基地員課程という航空基地員の中 …

海上自衛隊の休暇について(艦艇・陸上)

海上自衛隊も公務員ですので休暇はあります。勤務体制のときに少し話したかもしれませ …

制服を着たスパイ!偵察隊の任務となり方

APC、RCV、二輪、部隊によっては90式戦車を擁する日本に15の部隊がある機甲 …

女性自衛官は普通科ナンバー中隊には入れません

ライジングサン7巻で神埼涼子という女性自衛官が自衛官である父に普通科のナンバー中 …

新隊員が希望の職種・勤務地を勝ち取るために知っておきたい3つのポイント

戦車に乗りたいから自衛隊に入った」 「普通科だけには絶対にいきたくない」 「ほし …

海上自衛隊の訓練~当直勤務体制(艦艇・陸上)~

ここでは簡単に海上自衛隊の勤務体制について説明したいと思います。 艦艇の当直 艦 …

海上自衛隊の厳しさ!上下関係を徹底的に鍛えられる

海上自衛隊に入隊して教育隊でまずキツく教育されたことのひとつに「上下関係」があり …

mos教育・陸士特技課程初級対戦車検定試験の思い出

自衛隊員の訓練課程の中では、時折Mos(モス)検定が存在しています。 その前にM …