元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

海上自衛隊術科学校等各教育機関について

      2016/12/12

海上自衛隊には各職種の専門知識、技能を学ぶ教育機関があります。

そのうちのひとつとして術科学校というものを紹介します。

術科学校とは、第1~4術科学校の4つがあります。このほかにも特殊な職種の者は

航空自衛隊の第5術科学校に入校することもあります。

0db048322406acb3c631aeeed97e7002_s



第1術科学校

広島県江田島市に所在する術科学校で主に砲雷科、船務科、潜水などの要員教育を行っています。私もここに行きましたのでここだけ他より詳しく書きます。

砲雷科とはわかりやすくいうと護衛艦の主砲の操作や、係留作業等の艦艇の運用など外部的作業に携わる者です。船務科とは航海や、気象海洋、通信など艦艇の内部的運用に携わる者の職種になります。

各職種ごとの専門的な知識、技能の訓練をしており北は大湊、南は佐世保地方総監部の全国各地からこの職種について学ぶため入校してきます。ちなみに海士だけでなく高等科と呼ばれる海曹の課程も入校してきます。

土日なんかの休みはどうしているのかというと内海をはさんで呉市に行く人が多いです。

江田島からは呉、広島行きのフェリーが出ているのであまり遠くは感じませんね。

私は、呉より広島市に直で行くタイプでした。呉はよくある地方都市くらいで少し飲み食いしたり遊ぶには困りません。漫画喫茶は1件しかないようですが…。

学校とはいっても海上自衛隊の教育機関なので厳しいです。ただ、入隊直後の教育隊よりは用語や生活に慣れているぶん楽に感じる人が多いです。実際私はそうでした。

でも、学校ということは同期もいれば少し先輩、後輩もいたり、入隊時の年齢も様々なので色々な人間がいて楽しかったです。何だかんだみんないい大人なので多少の衝突はあってもイジメとかはなかったので安心してください(笑)。

入校期間は職種によってさまざまです。長ければ1年以上、短ければ1か月もいないような課程もあります。入隊後に説明があるのでよく聞いて職種の希望の参考にしてください。

希望は必ずしも通るものではないですけどね(笑)



第2術科学校

横須賀市田浦に所在する主に機関科、衛生要員の教育をおこなっている術科学校です。一部、情報マークの外国語の教育もしているようです。

私は、横須賀地方総監部の所属だったので機関科はとても羨ましかったです。だって、周辺の土地勘って大事じゃないですか…江田島なんて陸の孤島…いやなんでもないです。

所在地は何にもないですが、電車にのって横須賀中央に行けばたいていの用事は済ませられます。場所的には江田島よりはいいですね、住みにくくはないです。横須賀地方総監部から入校したら下宿を引き払う手間もありません。

入隊直後、横須賀教育隊から見学に行ったことがあるのですが、応急工作というマークの見学をしていたとき見たことのない計算式がホワイトボードに書かれていて、数学が苦手な私は機関科を早々にあきらめました(笑)

機関科は他にも、電機やガスタービンなどの職種があります。



第3術科学校

千葉県の柏市の辺境、下総です。ここでは主に航空関連職種の要員教育を行っています。

航空関連とは航空機の機体整備、電子計器の整備と地上救難という職種があります。

地上救難?と思われる方もいるかもしれませんが、地上救難とは、例えば航空機が事故で墜落してしまったら消火、救助活動をする職種です。詳しくはわかりませんが、各職種の中で最も体力が必要な職種ではないでしょうか。

ちなみに、この地上救難の方は航空機の搭載できる護衛艦に勤務すると艦上救難と名前をかえます。ついでに機関科の一員になります。なぜか。

ここの教育に関しては正直全然知りません…周りに航空関連職種の人もいなかったので。

下総はかなり田舎です。そりゃあ下総”航空基地”ですので航空機がうろちょろできる場所は限られていますからね。でも、柏市内まで行けば遊ぶには十分ですし、そう遠くない船橋は都心のベットタウンでもあるのでなかなか都会です。

第4術科学校

所在地は京都府舞鶴市で経理、補給、給養の要員教育を行っています。京都であって京都でない…私も少しゆかりのある場所なので言わせていただきます。超田舎です。

京都駅まで特急で軽く2時間以上かかります。

経理、補給、給養の要員教育を行っていますが、ここも正直よくわかりません。給養は護衛艦などで食事を作る人のことです。

まさか防衛秘密の塊のような護衛艦にパートのおばちゃんを乗せるわけにはいきませんからね…しかし、給養員はかなり重要です。出航したら食事以外に楽しみがありませんから。

また、給養員はキチンと栄養管理も勉強するので、立派な職種となるのも理解できると思います。

まとめ

術科学校等海上自衛隊の教育機関はたくさんありますが、一番お世話になる教育機関は各術科学校であると思います。思い出もたくさんできるし、自分が次に勤務したい場所から入校した人がいれば情報交換もできます。

ただ、あくまで要員別の教育機関なのでここを修了したら職種のプロ、【マーク持ち】の烙印を押されるので業務の幅も責任も大きくなりますので頑張りどころです!

間違っても術科学校の立地で職種を決めないでくださいね(笑)

ライター:元海上自衛隊・通信員

 - 海上自衛隊




kotirade

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

海上自衛隊(海自)に入隊したが事前にそんな話聞いてなかった事

様々な企業さんやお店でアルバイトや就職を経験した事がある人であれば一度は経験した …

海上自衛隊の新隊員教育で行われる訓練の流れ

おおまかな1日のスケジュールとしては 起床→体操・ランニング→朝食→午前中の訓練 …

海上自衛隊は勤務時間外に基地でどのように過ごしているのか?

さて、今回は海上自衛隊の陸上部隊の生活をお伝えしたいと思います。 海上自衛隊とい …

海上自衛隊航空管制官になる方法!

海上自衛隊で航空管制官の職種に就くことを希望している方へ「どうすれば航空管制官に …

海上自衛隊の火災・戦闘時などの緊急対応訓練の様子(艦艇編)

海上自衛隊護衛艦の訓練って何するの? 訓練と一言に言っても多種多様なものがあり、 …

海上自衛隊に入隊して感じた一般社会とのギャップ

みなさんもご存知のように「自衛官」は特別職とはいえ国家公務員という立派な職業であ …

海上自衛隊・航空管制官という職種を選んでよかったこと

「海上自衛隊に航空管制官がいるの?」ということを時々言われますが不思議に思うのも …

海上自衛隊・航空管制官の私が退職した日

私は4年4ヶ月海上自衛隊で勤務をして退職したわけですが、では何故自衛隊を退職する …

海上自衛隊の厳しさ!上下関係を徹底的に鍛えられる

海上自衛隊に入隊して教育隊でまずキツく教育されたことのひとつに「上下関係」があり …

海上自衛隊の訓練~当直勤務体制(艦艇・陸上)~

ここでは簡単に海上自衛隊の勤務体制について説明したいと思います。 艦艇の当直 艦 …