元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

制服を着たスパイ!偵察隊の任務となり方

      2016/12/12

APC、RCV、二輪、部隊によっては90式戦車を擁する日本に15の部隊がある機甲科の偵察隊について皆さんに説明をしたいと思います、これでちょっとでも偵察という職種に興味を持っていただけたら幸いです。

偵察という言葉の意味を調べてみると『敵をはじめとして様々な事柄についての情報を、目視観測などの手段を通じて能動的にかつひそかに(威力偵察の場合は除く)収集する活動』とありますがこれだけではよくわかりません。
例えば、実際に戦争が始まり他国と戦う事になるとすればまずは何をしなければいけないでしょう?

いきなり、弾薬はこれくらいで食料はこれくらいといって出動するなんてことはありえません。

まずは、相手の戦力、武器、装備、人員、規模、居場所を仕入れます。

それを調べるのが偵察隊の主な仕事です。

もちろん、少数(2~3人)で隠密に行動し相手方に見つからないようにしなければいけませんし、相手方にもし見つかった場合は逆に相手方にこちらの戦力を開示することになってしまうので責任は重大です。

そして少数で行動するため、個人がさまざまな通信機器の使い方や武器の取扱いを知っていなければ戦場で役に立つことはできないでしょう。

さらに、この偵察部隊が相手方の部隊の情報を入手しない限り、こちらの主力舞台である、普通科(歩兵)、機甲科(戦車部隊)が前進することができないため、迅速に隠密に正確に相手方の情報を手に入れなければいけません。

私も実際に演習でやりましたが、かなり偵察自体は地味です。

表舞台に出ないし、バンバンと銃撃戦をするわけでもありませんし。

もし、万が一偵察中に敵の兵士と遭遇することがあれば戦闘することもありますが、それは最終手段であり出来るだけ隠密行動が義務付けられています、でないと派手な動きをしてしまうと相手方に拘束されてしまうので。
しかし、この偵察部隊の偵察行動があるからこそ主力部隊は安心して前進することができ、余分な体力、弾薬を使用することなく、相手方の部隊の殲滅・撤退につながります。

今のは、偵察のうち隠密行動による偵察でもう一つ偵察の種類があります。

それが威力偵察といい、日本にそれが出来る部隊は一つしかありませんので、興味がある方は調べてみてください。

簡単に説明すると、隠密行動による偵察は相手方に絶対にバレないように情報を入手するのに対し、威力偵察は相手方がいると思われる集結地に向かってこちらの火力部隊(砲弾・戦車)を使って攻撃を仕掛け、それで相手の戦力や部隊規模を調べるやりかたです。

イメージ的には、アリの巣に水をかけたらアリがいきなりの不測事態でなんだなんだ?
といっぱい巣の中から出てきますよね。

水が味方の火力舞台で、アリの巣が相手陣地、アリが相手の兵士と考えていただければわかりやすいと思います。

オートバイ(偵察) (2)



偵察隊の説明・なり方

以上、2種類の偵察行動について説明いたしましたが、どうでしょうか興味は湧いてきたでしょうか。

では、実際に自衛隊に入隊してから偵察隊に進むまでの過程についてお話します。

まず、新隊員は4~6月の間で自衛隊の基礎を叩き込まれます。

自衛官の義務などの座学や89式小銃の分解結合、射撃、基本動作(敬礼など)の錬成等々書ききれないほどの教育を受けていきます。

その中で、7~9月からの職種別に分かれた後期教育についての説明があり、陸上自衛隊であれば戦闘職種から後方支援職種までの概要の教育があり、各人第1希望から第3希望までを提出します。

そこで、偵察隊であれば機甲科偵察を希望し、運良く希望が叶えば、7月からは機甲科の後期教育が始まります。

機甲科は戦車と偵察に分かれており、後期教育はどちらも同じ内容をやります。

そして、9月に後期教育が終わり、無事10月にそれぞれの部隊へと配属になります。

しかし、偵察のほうは教育がまた新たに始まります。

プチレンジャーと呼ばれる初級偵察教育が部隊配属の約1週間後から12月末まであります。

これまで無事修了することが出来た者だけが無事、偵察隊員となれるのです。

レンジャーというのは、自衛隊で最も過酷な教育と言われており、蛇を食べたり3夜4日をほぼ食事もせず山道を歩き続けるといった脱落者が続出する訓練のことです。

この教育を修了した隊員は胸にレンジャー徽章を付けることが許されます。

この教育ほどではありませんが、それに準ずる教育として初級偵察教育のことはプチレンジャーとも呼ばれています。

偵察隊はもっともレンジャー隊員の割合が高く私がいた部隊では15人に1人がレンジャー隊員でした。

ちなみに、私がいた偵察隊の隣の建物が全体で400人ほどの後方支援部隊だったのですが、レンジャー隊員は3人ほどしかいませんでした。

と、ここまで2種類の偵察行動、実際に入隊してから偵察隊に配属されるまで、そして配属されてからの教育やレンジャー教育について説明してきました。

希望すれば誰でも入れるわけではありませんが、挑んでみる価値は必ずあります。

無事、あなたが偵察隊に入り活躍することを祈っております。

ライター:元陸上自衛隊・偵察兵

 - 職種




kotirade

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

衛生科職種の後期教育内容

前期教育が終わり衛生科に職種が決定した方は衛生科教育はどのようなことをするのだろ …

初級偵察~プチレンジャー~の訓練・任務・厳しさについて

敵部隊に見つからないように、隠密に、静粛に、相手陣地の奥深くへ立ち入り相手部隊の …

自衛隊で看護師になる方法

自衛隊は有事が起きた時にいつでも動けることが一番大切です。 食事を作ること、服を …

mos教育・陸士特技課程初級対戦車検定試験の思い出

自衛隊員の訓練課程の中では、時折Mos(モス)検定が存在しています。 その前にM …

新隊員が希望の職種・勤務地を勝ち取るために知っておきたい3つのポイント

戦車に乗りたいから自衛隊に入った」 「普通科だけには絶対にいきたくない」 「ほし …

普通科軽火器の後期教育内容

私は後期教育を普通科軽火器でした。 普通科軽火器は一番多くの隊員が受けるはずです …

海上自衛隊・航空管制官という職種を選んでよかったこと

「海上自衛隊に航空管制官がいるの?」ということを時々言われますが不思議に思うのも …

陸上自衛隊『戦車』部隊で活躍したい人必見!なり方/90式戦車の説明

自衛隊の部隊の中でも、花形中の花形の戦車部隊が擁する戦車についてお話します。 現 …

普通科の対戦車砲と小銃火器の違い!

後期教育が終わり、部隊配属される季節がやってきました。 大部分の陸上自衛官は普通 …

女性自衛官は普通科ナンバー中隊には入れません

ライジングサン7巻で神埼涼子という女性自衛官が自衛官である父に普通科のナンバー中 …