元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

自衛隊・ミリタリー関係本、読んだけど特におすすめはしない本

      2015/07/26

自衛隊ブログを作るためにどうしても正確な情報、公開されている情報を集める必要があったので、色々と関連本を読んでいます。

せっかくなので、どのような本があるのかということを紹介するのも何か役に立つかもしれないと思いまとめておきます。



自衛隊関係本

幻の自動小銃 六四式小銃のすべて

S__4530187

 

目次

幻の自動小銃
火器国産化への模索
新旧兵器の交替
六四式小銃の制式制定
六四式小銃の特性とポスト六四式

アマゾンで自衛隊と検索して出てきた本。

初めて見たときは「あれっ、64式だけを取り上げた本がこの世に存在するんだ?」という感じでした。

色々とレビューを見ていくと、ちょっと中を覗いてみたいと思うようになり図書館で探してみたけど、なかなか見つからず、たいした金額じゃないし買っちゃうかという感じで購入にいたりました。

この本のすごいところは部品名や諸元ががっつり載っていることです。

自衛隊では武器に関しての情報は外に出してはいけないと教えられているのにもかかわらず・・・

でもこの著者は64式小銃の開発者なので、本当に隠さなければいけない部分はしっかりと隠しているはず。

ここから自衛隊は必要以上に外に情報を出すなと自衛隊員に教育していることがわかります。

2読んでほしい人

これから教育隊の班長になる人、銃器マニア、入隊直前の人。

それ以外の人にとってはなにも面白みを感じない本だと思います。
幻の自動小銃 六四式小銃のすべて

自衛隊89式小銃 日本が誇る傑作小銃のすべて

S__4530218

 

目次

第1章 89式小銃の射撃訓練
第2章 日本軍用小銃史―89式小銃に至る道
第3章 89式小銃のライバルたち
第4章 最高の89式小銃
第5章 89式小銃5.56ミリ実包
第6章 89式小銃射撃の基礎知識
第7章 陸上自衛隊CQB訓練
第8章 89式症銃の手入れ法
第9章 89式の発展型と次期小銃

64式小銃の本があるならきっと89式小銃の本もあるはずだと思って調べていたら見つけました。

写真や図解が豊富で読んでいてためになる本に間違いがありません。

自衛隊の射撃場の写真が載っているかなりレアな本になっています。

あとがきに書いてあるのですが、陸上自衛隊第1師団司令部広報班の協力があり作られた本ということもありよく作られています。

2読んでほしい人

現役自衛官、射撃があたらない人、銃のメカニズムに興味がある人、教育隊で89式小銃を使う人。

89式小銃にかかわる人ならこの本を読んで面白いと感じるでしょうが、触ったこともない人には何も感じないある意味マニアックな本になっています。

自衛隊89式小銃 日本が誇る傑作小銃のすべて

自衛官になるには

S__4767755

 

目次

1章 ドキュメント 日本を守る現場から
2章 自衛官の世界
3章 なるにはコース

本の中ではかなり多くの現役自衛官が登場します。

階級も性別も所属(陸海空)もばらばらで自衛隊に興味があるなら読んでいて楽しいかもしれません。

ただ、陸海空、階級と色々な職種の話がありすぎて的を絞っている感がありません。

自衛隊で勤務していても絶対に関わることがない、自分の進路として考えられないような仕事が多数登場するので、あまり参考になりません。

2読んでほしい人

前期教育途中でどの職種にしようか悩んでいる新隊員
自衛官になるには

自衛隊裏物語

006
目次

第1章 闘えない自衛隊
第2章 自衛隊の学校
第3章 自衛隊入隊
第4章 駐屯地物語
第5章 自衛官の知られざる日常
第6章 酒と女と自衛官
第7章 演習開始
第8章 自衛隊出動
第9章 陸・海・空自衛隊の現状
第10章 自衛隊の兵器力
第11章 自衛隊の未来

この本に載っている内容は自衛隊の内輪話という感じ。

外の人が読んで面白いかどうかというのはよくわかりません。現役自衛官が読めば、そうなんだよなー、そうそう。

なんていう感じで、あるあると楽しく読めるかもしれません。

おもしろい名言として

「立てばパチンコ、座ればマージャン、歩く姿は馬券買い」というものがあります。

これなんか少し時代を感じます。

今現在の自衛隊の雰囲気で言うと

「立てばパチンコ、座ればスマホ、歩く姿はクラブ通い」という感じでしょうか?

2読んでほしい人

現役自衛官、古き自衛隊OBの皆様
自衛隊裏物語



ミリタリ関係本

SAS・特殊部隊式 図解メンタルトレーニング・マニュアル

S__4857894

目次

第1章 兵士に必要なもの
第2章 栄養と休息
第3章 メンタル・ツール、脳の力
第4章 訓練
第5章 敵を倒す
第6章 過酷な環境と肉体への挑戦
第7章 トラウマとショック

この本は自衛隊で勤務する上ではあまり必要性を感じません。

どちらかというと研究者なんかには面白いのかもしれません。

唯一この本で興味深かったのは行軍をしている時に取るべき糧食はGI値の低い食べ物というところです。

チョコレートなどでは血糖が上がりすぎて、エネルギーレベルを一定に保つのは難しいそうです。

なるほどって感じですね。

2読んでほしい人

ミリタリコレクターのみ
SAS・特殊部隊式 図解メンタルトレーニング・マニュアル

最新SASサバイバルハンドブック

008目次
サバイバルの原則
事故からの生還
地域別のサバイバル
食料を手に入れる
キャンプ用具を作る
方角と天候を読む
移動のテクニック
ファースト・エイド
海上でのサバイバル
救助を要請する
災害時のサバイバル
この本を特におすすめしないブックレビューに入れていますが、サバイバル好きなら一冊持っていれば無人島でも生きていけるくらいの情報量があります。実際にこれを実践できたらの話ですが・・・

それくらいものすごい情報量なので、一ページにある文字数もぎっしり、図解もたっぷり、ページ数400オーバーのすごいものです。

2読んでほしい人

サバイバルマニア、アウトドア好き、レンジャーに行く人

最新SASサバイバルハンドブック

2あとがき

これからもどんどん自衛隊・ミリタリ関係の本を読んでいくので、読む度に情報は追記していきます。

普通はおすすめ本をまとめるよね!ということで下の記事がおすすめミリタリ本になります。

自衛隊漫画「ライジングサン」と現場との違い

[本]第82空挺師団の日本人少尉 著飯柴智亮

 - ミリタリレビュー






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

[本]第82空挺師団の日本人少尉 著飯柴智亮

私は正直ミリタリーに関して興味関心がありませんが、元自にーさんとして読む価値があ …

現役自衛官とサバゲーマーがバトルしてみたら・・・

これはぼくが現役自衛官だったときの話になります。 一定数の割合でミリタリーが大好 …

教育隊を疑似体験できる映画「フルメタル・ジャケット」

自衛隊が発信している動画を見てみてもどうも生々しいものは多くありません。 あくま …

自衛隊漫画「ライジングサン」と現場との違い

元自衛官漫画家藤原さとしさんによる新隊員の成長を描いた漫画「ライジングサン」をき …