元自にーさん(元自衛官)の自衛隊ブログ

新隊員、自衛隊や自衛官に興味がある人に自衛隊について色々と学んでもらえるようなブログを目指しています。

*

自衛隊は好きor嫌い 100人アンケート

      2015/11/05

このブログを読んでくれている人の大部分は自衛隊が好きな人が多いと思います。

でも、実際世の中では自衛隊についてどのように考えている人が多いんだろうか?そう思ったので、自衛隊好きが集まるこのブログではなくて、様々な考えを持った人がいるところでアンケートをとってみました。

アンケート内容は

Q.自衛隊をどう思いますか?好き、嫌い?

Q.自衛隊に関してあなたの意見を聞かせてください。

というものです。

好きでも嫌いでもないという人にもどちらかに入れてもらうようにしてみました。

その結果は

vakvctmx

新聞やテレビでやっている自衛隊好感度調査もあながち間違っていませんね。

ではどのような意見があったのか全て掲載します。



自衛隊は好きと答えた方の意見

日本の安全を守ってくれているから。また、災害の際も色々と救助活動をしてくれている。批判している輩にはだったらあなたは日本の為に何してるの?と言いたいです。


東日本大震災の時にとても頑張ってくれたからです。夫は被災をしましたが、自衛隊の人たちに色々助けて貰ったそうです。


甥が自衛隊で働いているからです。自衛隊はいじめが多いと聞いたことがありますが、甥がいる部隊はとても良くしてくれるそうです。


自衛隊は日本の自衛だけではなく災害救助など命を懸けて 人々を助けてくれるとても必要な組織だと思います。
私なら 仕事であっても できないと思います。


国内外を問わず、やはり災害時にはとても心強い存在になりますから。直接助けて頂いた経験はありませんが、TVで救助活動の様子を見ているだけでも感謝と尊敬の念に堪えません。


普段の訓練の賜物だと思いますが、災害時の救助活動などを見ていると、的確な判断と無駄のない動きで、とても頼りになって有難い存在だからです。


震災などの自然災害をニュースなどで見るたびに、自らの危険を冒してでもその地に乗り込む姿には感動します。先日の堤防決壊の際は動物を大事に保護していて感動しました。逃げ出したりしないよう、洗濯のネットみたいな物が準備されているんですね。あっぱれです。


災害の時などに活躍してくれているし、有事の際に命を張って国民を守ってくれるのは自衛隊だから。

災害派遣やPKO活動の時も危険な仕事をしているので感謝しています。
(PKO活動は後方支援ではあるものの、危険性はついて回る)


いざと言うときに誰が前線に出るのか、自衛隊の方たちです。批判意見もありますがメディアの一部分を切り取った偏向報道は許せません。


災害派遣などでの活躍を見ていると、危険を顧みず昼夜を問わない活動に頭が下がります。テレビ番組などで見る隊員さん達の礼儀正しさも好感が持てます。


彼らがいないと国を守ることができないし、災害時に多くの命を救ってくれるからです。好きか嫌いかで言うのは難しいですが、必要だと思います。


逆に嫌いな方の意見が不思議でなりません。災害時、自衛隊もしくは軍隊が嫌いの方はどうするのかじっくり聞きたいほどです。


日本の為、我々の代わりに命を張って活動しているのですから好きと言うより嫌う理由がありません。震災などの救助活動においてもテレビなどで見るよりも実際は過酷でボランティアで行った数人の人は「二度と行きたくない」と言っていました。それが現実です。そんな中でも黙々と活動している自衛隊は仕事とはいえすばらしいと思います。


世の中奇麗事だけでは済まされない。左翼メディアは好き勝手妄想垂れ流しているだけで信じていたらいざと言うときに組織が無いと困る。


公務員は部署によっては民間より激務です。その最たる例が自衛隊であり、黙々と任務を遂行する姿には感銘を受け好きになります。


地震や震災があったときに物資の輸送や交通の整理などをやっていることと、
いざとなった時に国を守れるのが自衛隊しかいないから。


災害時に特殊訓練を受けた人が必要となるので、とても大切な仕事だと思っているため、時として困難なことをしてくださっているのですきです。ただし、憲法上違反な部分にあたる戦争および戦地での武力行使はすきではないです。


好き嫌い以前に必要不可欠な存在と感じます。個人的には軍になるべきで、その待遇も他の公務員と一線を画すべきと考えます。


自然災害で困った時に助けに来てくれますし、日本の安全をしっかり守ってくれてるから今も日本で暮らしてるみんなが幸せで暮らせてるので自衛隊は好きです。


身内に自衛隊員がいます。日々の事、災害時の救助活動の舞台裏を聞いたりしますが、そのたびに彼らのすごさを感じています。


まずかっこいい雰囲気があるので男らしくたくましいイメージです。ここぞという時に活躍してくれるので頼り甲斐もあります。


災害救援活動、海外での支援活動において自衛隊は活躍しております。直近の豪雨災害での見事な人命救助は素晴らしく賞賛するしかありません。


最後は、命をかけて日本を守ってくれるから。かなり辛い訓練も、日本を思えばのこと。これを廃止しようとする、共産党や民主党の一部は信じられない。


オタクや草食系だとかが蔓延している時代の中で、自衛隊と聞くと強くて頼りがいがありそうなイメージがありとても格好良く思います。女性の自衛隊員なんかも強くて芯のありそうな感じがして好印象です。制服や迷彩服なんかも割と好きです。


やはり自分の国を守るためには必要だと思うからです。災害時や緊急事態にも活躍してくれるし、なくては困る存在だと思います。


災害などが起きた時に、命がけで救助にあたってくれるから。様々な面で何かあった時はやはり頼りになる存在だと思う。


被災地での活動をテレビで見ていると、正義の味方スーパーマンのようで、感動する場面がたくさんあり、自然に涙がこぼれてきます。


被災地での活動をテレビで見ていると、正義の味方スーパーマンのようで、感動する場面がたくさんあり、自然に涙がこぼれてきます。


海外の戦闘地域へも行っているからです。国は安全な地域と言うようですが、そんなの行ってみなければ分かりません。命を張っていると思います。


訓練が非常に厳しいと聞きました。50代の人でも若手と同様の体力づくりをしていると聞きます。定年が55歳というのもよく分かります。


他国からの侵略から国を守るための防衛もさることながら、災害時における救助活動とインフラ復旧整備と緊急時にはなくてはならない存在です。


日本にとってなくてはならない存在で、国防だけではなく災害派遣でも活躍している姿は凛々しいと思うから。

我が子が自衛官として働いていて様子を見ているから、自衛隊そのものが好きです。


国のために様々な行動をしている姿はカッコイイし、そのような行動を行える自衛隊は尊敬したいと思えるほどだから。


国民の安全と財産を守るべく、高い志で日々訓練を重ねている。一方、災害時には救助、水、医療、復興などの分野でたいへんな力を発揮するから。


大地震や台風など災害が発生したときは非常に頼もしいです。普段から訓練されていて動きがきちんとしていると思います。


国を護る人達なので。自衛隊がいなくなっては国を護れなくなります。武力行使はいけないことですが、何も力を持っていなければ他の国から舐められますし、必要不可欠だと思います。


国の思惑や、自衛隊の上層部に関しては何とも言えませんが、自分自身が知っている範囲での実際の「自衛隊員」や「自衛隊OB」の方たちには良い印象を持っています。


災害時の救助活動の様子をよくテレビで見るので感謝しています。
あとは、自分の身内が自衛隊員なので、嫌いと思ったことはないです。


自衛隊の訓練の様子をテレビで見て過酷さを知りました。国のために活動するには、生半可な気持ちでは通用しない職業だと感じています。


現状では外敵から私たち国民および国土を守ってくれる唯一の組織だからです。また、災害救助の時も人命救助を自己完結で行うことが出来るのは自衛隊だけです。


自衛隊基地の近くに住んでおり、学生時代などは学校の窓から
パラシュートの訓練をよく眺めていました。
そのためか、親近感があり、また、災害などが発生した際には人々を助けてくれる存在だと考えているため、特に悪いイメージはありません。


災害が起きたら被災地へ救助に向かうから。危険と隣り合わせで人命救助のために一般市民では入ることのできない危険な場所へ入ったり、できないことをしたりするのでありがたみを感じます。全国から集まった災害ボランティアの方々や海外の軍隊、寄付ももちろんですが、被災地の復旧、復興は自衛隊なしではできないことだと思います。


戦争憲法がどうのこうの言ってる連中と違い、行動する役割を担っている機関だから大好きです。災害復旧で誰が助けてくれるかと言えば、自衛隊ですね。冒頭の団体の屁理屈連中は自宅で他人事みたいにテレビ見てるだけでしょ。もしくは、またまた国の災害対策が云々と屁理屈を並べ まるで自分たちが良い人みたいに言葉だけを並べる。戦争の現場も災害復旧の現場も自衛隊は命かけて任務に就いてる。それが彼らの仕事だから。

平和ボケした今、これほど自分の命と向き合い その尊さと現実を感じてる人たちはいないでしょう。60年安保の時にデモに参加した人たちが、反対 反対と叫んだのは戦争そのものではなく、体制に対する閉塞感があったからで、それからの日本がどうなったの?と生きていれば全学連の委員長に聞きたいくらいだが、地球に住んでる人の歴史が暴力によって変遷してきたことをまっすぐ捉えれば明白な事実だけがが残ります。自衛隊大好き。


自衛隊の人達にお世話になったからです。堤防が決壊したときに真っ先に支援の手を差し伸べてくれたことは忘れられません。


日本の平和を維持しているのは間違いなく自衛隊の存在があるからであり、嫌いになる理由が見当たらないからです。


被災した人達を一生懸命に救助してくれるから。被災した人達にとってみればいなくてはならない存在であると思う。


災害時には、いち早く被災地にかけつけ、救助・救援活動を行っているので尊敬できます。陸・海・空と、必要不可欠なものだと思います。単純に飛行機がかっこいいというのもあります。


災害などが起こるたびに、日本の自衛隊の救助活動に、とても頭が下がります。
もともとは特に好きとかそういうことではなかったのですが、日本で起こってきた災害の映像などを目にするにつけて、日本の自衛隊のレベルの高さをとても誇りに思います。
また、浜松の飛行演習も見に行ったことがあり、とても楽しく過ごさせていただきました。


文句一つ言わず難しい任務をこなすところはカッコいいし、尊敬できるからです。
自衛隊がどのような仕事をしているのかをもっと世間に知らせてほしいです。


災害時などの彼らの活躍ぶりを見ていると本当に頭が下がる思いです。国の為に尽力してくださっている姿は本当にいつも感謝の気持ちでいっぱいになります。


自分の国を守ってくれている存在なので、嫌いに思う意味がわからないです。また、災害時での助けにも好感をもっています。


どちらかと言えば好きな程度ですが、制服がかっこ良く体格も良い人が多いので。また、動きがキビキビしてハキハキした話し方も好感が持てるので。


以前自衛隊の人と会う機会がありました。とても礼儀正しく、優しくしていただきました。日本の自衛隊は尊敬できる人が多いなと思いました。


震災の時にたくさんお世話になったので、有り難い存在だと思いました。先日の洪水等の水害でも自衛隊の力無くしては日本の安全は語れないと思います。
戦争等で議論の対象になりますが、国家の安全を図る上でやはり必要なものであることは間違いないと思います。


現在の活動では戦闘や演習よりも人道的支援や災害時の救助といった活動がメインであるため。
実際に助け出されている老人やその姿を見て自衛隊に入隊しようと思う若者がいるのは好ましい。
しかし国が集団的自衛権を行使するようになったら好きと言えるか分からない。


災害が起きるたびに懸命に救出活動をしてくれて、国民のために働いてくれているから。平時には批判されることもあるけど、有事の時のために日頃から訓練していて頭が下がる。


現在の中国、韓国を見ているとどう見ても必要だと思う。嫌いだという人は日本をぶっ潰したい中国や韓国系の人なんだと思う。


自衛隊と言うと、自国の自衛の為に防衛するというイメージが強いのかなと思いますが、最近のよく活躍するニュースを見ていると被災地に援助しに行ってるというのをよく見ます。
被災地で助けが欲しい所に率先して行ける職場ってのは必要だと思います。


国を守る重要な存在だから。いざという時に国を守るだけでなく災害が起こったときには人々の助けになって人道支援を行う存在だから


地震による大震災や川の堤防の決壊などで孤立した被災者を救助してくれるから
海外の地震の時にも災害派遣で役に立っているから


自衛隊に関しては人それぞれ色々な意見や考え方があると思いますが、何だかんだいっても災害の多い昨今において自衛隊は必要であり、誰しもがなれるものではないので素晴らしい職務であると思っています。


震災等災害が発生した場合、真っ先に危険な現場へ駆けつけ、活躍してくれるので無くてはならない存在です。


好きか嫌いかで判断することは難しいですが、自分の身を挺して、国や人の命を救う仕事に敬意を表しています。そういった意味で好きの選択を選びました。


防衛する力は必要だと思います。集団的自衛権を反対する意見も尊重しますが、自分の身を守る術を考えるのは国でも同じではないでしょうか


世間一般では、存在自体がグレーゾーンと言われますが、昨今の隣国との状況をみても国防の上なくてはならないものと思います。


戦争は、起きても起こしてもなりません。
ただ、我が国に対して、他国から何らかの攻撃が有ったと想定した場合、やはり、我が国を防衛する手段として、自衛隊の存在は必要不可欠だと思うからです。


親や多くの友達が自衛隊として働いています。
海上で船に乗っている人ばかりです。
日本を離れ何ヶ月も海外に行き、家族と離れ離れで仕事を頑張っている姿はカッコイイと思います。


日々の訓練、軍備について最新のものを利用し、世界的にも有数な能力、組織力を誇っているから。
防衛に長けているので安心できる。


現在、南沙諸島問題などで揺れている中、他国から領土を守ってくれるほか、建築現場から出た不発弾の処理、地震や水害などの大規模災害が発生した時の救助や炊き出しなどで助けてくれるなど、国民の事を思って仕事をしてくださっているので脱帽します。


日本にとって、国防から災害時の救助まで担ってくれている大切な存在だから。永世中立国のスイスのように有事の時に国民全員が徴兵されるということなくして、日本が国防をするためには自衛隊が不可欠であり、実際自分では戦うことはできないと思っているので、その役目を負ってくれている自衛隊はありがたい存在と考えているから。また災害救助での実績が素晴らしいと思っているから。


被災地への救助活動に好感が持てます。ただ救助するというだけでなく、思いやりのある活動を報道で知ると、自衛隊員の方の有り難さを感じる事ができます。


厳しい規律の中で日々鍛錬を積み上げ他国の軍隊に引けを取らないほどに錬成された自衛隊はその存在だけで十分に日本国の平和の実現を担っていると思います。また、救難救助での活躍をみると「感謝」の一言しかありません。


地震、遭難等、非常事態のとき助けに来てくれるのでどちらかといえば好きです。
何駅か乗ると航空自衛隊の基地があり毎年ショーをしています。選曲が隊員の青春時代の頃なのかなと人間味を感じさせるので。


国を守る組織だから必要であると思います。政府によって派遣される面は自衛の枠を超える部分があり理解的ない点もありますが、自衛隊じたいは素晴らしいと思います。


私の父親が自衛隊だったので、その影響が大きいです。いつも国の安全のために頑張っている父を尊敬していました。


地震や大雨による洪水や浸水、火山噴火など、最近は1年に何回も自然災害が起きているので、その際に私たち国民だけでできることは限られています。自衛隊の救助活動や支援物資はいまや必須となり、欠かせない状況だと思います。自衛隊の活躍を今後も期待しています!私の両親も大雪の際に車で立ち往生して、チェーン装着を自衛隊の方に手伝っていただいたことがあり、とても感謝しています!


公費で運営される組織の中で、県庁や市役所勤務者は全く労働に対して給与が見合っていないほどに高額だが、自衛隊はその額に適正なリスクなどを背負っており、必要であると思う。


2011年の東日本大震災や今年の9月にあった鬼怒川の堤防決壊など、被災した人々が多くいるところでの救助活動を見て凄いと思ったから。
特に鬼怒川氾濫のときのヘリでの救助の映像は凄かった。


責任感が強く頼りになると思います。厳しい訓練をしているからこそ、東日本大震災や先日の豪雨の時などの救助がスムーズにできるんだと思います。


災害のときにいつも活躍してみんなを助けるからです。
そういうときに世話になっておいて、嫌いだと言う人の気持ちがわかりません。


鍛えている姿がカッコイイし、銃とか戦車とか普通を扱えない武器を扱うところに憧れを感じるから。あと、一般には知られてはいけない国の秘密とか知っていそうでミステリアスな気もする。


自衛隊は別に嫌いじゃない。けど自衛隊を自分達の思想のために言いたい放題やりたい放題な人達は大嫌いです


好き嫌いと言うより、我々がのほほんと暮らしている間も、黙々とこの国を守って貰っている訳だから、敬意を払うのは当然。
それはイデオロギー以前の問題として、当たり前の事。


大災害のときにどんな苛酷な環境でも真っ先に投入されて人の命を救っていること
抑止力の維持のため日々厳しい訓練を行い日本の安全を守っていること
国際貢献をすべきという国際社会からの声にこたえて危険な環境で人道支援を行っていること


厳しい訓練に耐え一部の人たちから心無い中傷を受けてなお、我々のような一般市民が平和に暮らせるよう国防を担ってくれているから。


いざ災害などが起こった場合などでの救助や援助で大活躍している。
日本には必要な存在で、個人的に非常に好感が持てるので。


災害が起きた時に助けてくれるのが自衛隊だからです。自衛隊がいるおかげで助かった人がいるし、復興にも活躍していると思います。札幌の雪まつりも自衛隊のおかげで成り立っています。


国のために時には危険な仕事をしてくれているので感謝しています。このような人達がいるので安心して暮らすこともできます。


震災の時には、現地で被災者の為に食事提供や入浴、がれきの撤去など何か月も現地で頑張ってくれたからです。



自衛隊は嫌いと答えた方の意見

特殊な環境下だからなのか、内部では悪質ないたずらやイジメがあると聞くからです。国民の命を守るこに集中してほしいです。


内部の事がよくわからないので、どういう人たちなのかもう少し詳しく世間に日常の行動などを公表していければいいと思います。


他国のように有事もなく、戦争に行く危険性もないのに、市役所や一般公務員と同じ安定収入を得ているから。


自衛隊の人でも法律に反したことをする人がたくさんいますし、実際に悪いニュースをよく見聞きするので好きではありません。


個人的には、知人もいて、自衛官は、真面目な方も多いと思う。

また、昨今においては、災害出動など、その存在意義は小さくはない。

ただ、自衛隊というのは、武力を持ち、戦争につながる存在であることは否定できない。
また、現政権と、世界情勢から見ると、戦争に日本が巻き込まれるリスクは、戦後でもかつてないほどに高まっていて、その担い手になる可能性も高まっているため、あまり自衛隊は、私から見ると好ましいものには感じられない。


戦車、戦艦、戦闘機を保有しながら、呼び名でごまかして「これは軍ではありません」と言う中途半端な位置づけが嫌いです。


自分は日本は平和国家だと思うので、武器を持つことを許される自衛隊については、あまりいい印象を持っていません


震災の時には、現地で被災者の為に食事提供や入浴、がれきの撤去など何か月も現地で頑張ってくれたからです。


近くに駐屯地があります。よく飛行機やヘリコプターが上空を飛び交い、とてもうるさいです。お国の為に働いてくださっているのはわかりますが、あんなに大量に頻繁に空を飛ばなくてもいいのではないでしょうか?


どちらかというと嫌いです。自衛隊があるだけで何かと近隣に迷惑をかけていたり不祥事なども多いことがあったりするからです。


自衛隊のあり方が今大きく議論されていますが、他国にまでこちらから干渉するような組織であってはならないと思うからです。


戦闘もあり得るかもしれないという職に自ら就くことにことに違和感を感じます。一般社会とはかけ離れたイメージがあります。


もう二度とハイポートをしたくない。元自にーさん

2さいごに

非常にまとめるだけで疲れました。

よろしければ、青い小鳥のボタンをぽちっとしてくれると指のストレッチに効果的です。

 

 - サイトについて




kotirade

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「元自にーさんの自衛隊ブログ」テーマとか色々

世のブログによくある「当ブログへようこそ!ゆっくりしていってください」的な記事を …